診療に関するご案内です。ご不明な点は遠慮なくお問い合わせ下さい。

診療方針

施設の様子01

真摯に耳を傾けることを第一に…

当クリニックではいらっしゃった皆様が何を望んでいるかということに真摯に耳を傾けることを第一といたします。

続いて、どういう病気なのか、どういう治療が必要なのか、どういう見通しであるのかを、難しい専門用語ではなく、分かりやすい言葉で説明することをお約束いたします。 その上で、なるべく体に負担のかからない、つらくない検査、治療を提供いたします。

施設の様子02

居心地のいい空間を作ることから…

私はここに至るまでは主として大学病院をはじめとする比較的規模の大きい総合病院で働いてきましたが、どの病院でも外来での3,4時間待ちはざらでした。

点滴をするにも居心地の悪い、平らな寝台で3時間も過ごさなくてはならず、また検査をするにも、外来の待ち時間に加えて数時間待つというありさまでした(もちろん、大学病院には特定機能病院としての高い専門性があり、そこでしか治療を受けられない人々が殺到するという状況があるのですが)。

当クリニックでは、まず、患者さんを取り巻く環境に留意して居心地のいい空間を作ることからスタートしています。 我々はそれを体現して頂くために、まず電子カルテで無駄な待ち時間を作ることなく、効率よく治療を受けて頂けるようにしています。

施設の様子03

よりクオリティの高い検査を可能に

また、電子スコープやCTスキャンなどの検査機器は最新のものを使用することで、よりクオリティの高い検査を可能にしています。 点滴と処置は日当たりのいい、広いスペースに用意された居心地のよい電動のリクライニングチェアで受けて頂くようにしています。

このようにして、我々の目指す医療というものを患者様にも体現していただけるよう、日々努力を続けています。

施設の方針