当クリニックでは外来手術も行っています。

鼠径(そけい)ヘルニア手術

当院では「鼠径(そけい)ヘルニア」の治療をおこなっています。

鼠径ヘルニアとはどのような病気でしょう?

タイヤイメージ

ヘルニアが発生しているイメージを例えるならタイヤの弱くなった部分から、内部のチューブが突き出ているのに似ています。

「鼠径ヘルニア」(脱腸)は、本来ならお腹の中にあるはずの小腸などの一部が、もものつけね(鼠径部といいます)の筋膜の間から皮膚の下に出てくる病気です。

患者さんは乳幼児から高齢者まで幅広く分布しますが、特に、もものつけねの筋膜が弱くなる40歳以上の男性に多く起こる傾向があります。

鼠径ヘルニア(脱腸)の症状は?

立った時とかお腹に力を入れた時に、もものつけねの皮膚の下に小腸などが出てきて柔らかいはれができますが、普通は指で押さえると引っ込みます。

このはれが急に硬くなり、押さえても引っ込まなくなることがあり、お腹が痛くなったり吐いたりします。

これをヘルニアのカントンといい、急いで手術をしなければ、命にかかわることになります。

鼠径ヘルニアと位置と症状

鼠径ヘルニアの治療方法は?

メッシュプラグ法イメージ

鼠径ヘルニアは自然には治りません。カントンを起こす前に手術をすれば簡単に治ります。症状がでて気になるようでしたら、すぐに「外科」を受診しましょう。

現在最も多く用いられている手術法はメッシュプラグ法です。

このメッシュプラグ法はポリプロピレン製の傘状のプラグ(栓)を、小腸などが出てくる筋膜の弱い部分に入れて腸などが出てくるのを防ぎます。

メッシュプラグ法は従来の手術法に比べ、手術時間が短くてすみます。また創の大きさは約4cmですから、術後の痛みも軽くてすみます。