大きな病院にもひけを取らない様々な設備を導入しています。

CTスキャナ

マルチスライスCT

マルチスライスCT 写真

従来のCTスキャンと呼ばれるものは1本のX線で撮影をしていたため、撮影に時間がかかり、重病の人には使い難いという問題がありました。また、常に動いている心臓なども精密な映像を撮ることは非常に難しいとされていました。

当院が導入しているマルチスライスCTはX線を16本並べて同時に撮影します。つまり、1回転で16の断面を同時に撮影・収集ができ、従来の10倍以上の高速検査が可能です。

そのため、撮影時間が短くなり、息を止めている時間が短くて済みます。
その結果、楽に検査を受けて頂くことが出来、今まで以上に「患者さんに優しい検査」を実施することが可能になりました。

また、X線を最小限に抑える機能が充実しているので被爆量が軽減されており、従来のCTスキャナよりも詳細な画像でデータの収集が可能となっているため、小さな病変も見つけやすくなります。

医療被曝については下記に詳しく記述しております。参考にされて下さい。

医療被曝について | 浦島メディカルクリニック

CTスキャン画像例