当クリニックのがんへの取り組みについてお知らせします。

がん治療への様々な取り組み

がん治療への取り組み

最近のがん治療の傾向として、入院が出来る病院で入院を伴う手術や放射線療法、化学療法などを行い、退院後、自宅で療養しながら自宅近くのクリニックで外来診療を行うということが増えてきました。

当院でもMedic Snet(※)という、病院と診療所との提携システムを用いることで、入院病棟をもつ病院と提携し、外来診療を行うことが多くなりました。

当院では積極的にこのMedic Snetというシステムに参加し、地域医療に貢献できるよう努力しています。

※Medic Snet = 静岡県中部地域医療ネットワーク

がんに対する化学療法

多くの抗がん剤が外来化学療法として使われるようになりました。
当院では経口剤の抗がん剤と注射薬の抗がん剤にも対応しています。
特に大腸がんの化学療法では、持続微量注入ポンプを用いたFOLFOX、FOLFIRI療法にも対応しています。

当院で行っている主な化学療法を挙げてみます。

胃がんTS-1、タキソール
大腸がんFOLFOX、FOLFIRI、XELOX、ゼローダ
乳がんホルモン療法、タキソール、ナベルビン、TS-1、ゼローダ

在宅医療への取り組みについて

経口摂取が困難となった場合に、埋め込み型のカテーテルを用いて中心静脈栄養療法を行っています。
医師及び看護師が自宅に伺い、点滴のチューブ、ライン交換を行います。
ケアマネージャー、訪問看護ステーションと協力しながら医療サービスを提供しています。